音声ガイド

音声ガイドのナビゲーターに駒田航さん

「古典×現代2020―時空を超える日本のアート」では、人気急上昇中の声優・駒田航さんを音声ガイドのナビゲーターに起用します。音声ガイドでは、8人の現代作家が自身の作品や古典との関わりについて解説をしており、駒田さんは展覧会を一緒に歩いて展示を紹介するようなナビゲーター役を務めます。

今回は、展示室内のとある場所に、「もし駒田航と美術館デートをしたら」をテーマにしたシークレットボイスを忍ばせました。美術館や博物館へ行くのが好きだという駒田さん。一体どんなデートになるのでしょうか。

また、「古典×現代2020」のTwitter公式アカウント(@kotengendai)をフォローし、2月25日(火)に公式アカウントが投稿したキャンペーンツイートをリツイートしていただくと、抽選で5名様に、「古典×現代2020」の招待券と、駒田さん直筆サイン入りプレスリリースのセットをプレゼントします。

応募期間は2月25日(火)~3月3日(火)。当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。賞品の発送は3月9日(月)ごろの予定です。

駒田さんのサンプルボイスがこちら

プロフィール

駒田航(こまだ・ わたる):声優。
ドイツ連邦共和国出身。主な出演作は『アイドルマスター SideM』古論クリス役、『ヒプノシスマイク』入間銃兎役など。日本テレビ『news zero』金曜日ナレーション担当。 カメラマンとしても活動し、ニコ生番組『駒田航のKomastagram』パーソナリティを務める。

駒田航さんメッセージ

美術館や博物館に行くのは好きなので、展覧会の音声ガイド担当のお話をいただき、すごく光栄でした。

現代を代表する美術館の一つである国立新美術館で、現代アートと古典がタッグを組む。こんなチャンスはなかなかありません。一番先に刺激を受けた身として、わくわくする思いは存分にガイドに載せたつもりです。僕の説明が鑑賞のお役に立てればうれしいです。

音声ガイド情報

出演者:メインナビゲーター/駒田航(声優)
作家のことば/川内倫子、鴻池朋子、しりあがり寿、菅木志雄、棚田康司、田根剛、皆川明、横尾忠則
所要時間:約40分
料金:600円(税込)
企画制作:国立新美術館、朝日新聞社、アコースティガイド・ジャパン